AXISZ カウル劣化を復活させてみた

AXISZ カウル劣化を復活させてみた

スポンサーリンク

AXISZ カウル劣化を復活させると新車みたいになる

AXISZを3年以上も乗っていると、黒いカウルが色あせてきます。

これはどのバイクでも同じ状態になります。

この色あせは日光や雨などによるプラスチックの自然劣化です。

バイクのカウル劣化が進むと、バイク好きにはちょっと残念な気持ちになりますよね。

そこで、今回はカウルを新車みたいに復活させてみました。

黒いプラスチック部分のカウルは、特に劣化が進みます。

見てすぐ分かるので、カウル復活を施してみましょう。

AXISZ カウル劣化を復活させてみた

AXISZのカウル復活に使う材料

AXISZ以前は、ホンダリード110でした。

このときからカウル復活塗布剤を使っていたので実証済みです。

【使用した復活材料】
シリコンスプレー
(『艶出し』表記あるのがおススメ)

AXISZ カウル劣化を復活させてみた

シリコンスプレー塗布の仕方

【準備するもの】

  • 手袋着用(できるだけ手に付着しないように「ゴム」か「ポリエステル素材」などの浸透しないもの。)
  • できればマスク着用
  • ウエス(布生地)(シリコンを塗り広げるにはウエスが最適)
  • シリコンスプレー缶附属のノズル
【作業するときの注意】
その1
スプレーノズルを付けることで飛散防止にり、人体への吸気を避けることができます。なので必ずノズルを付けましょう。
その2
できるだけ風がない場所で作業すること。
【塗布の仕方】
シリコンスプレーを塗布するときは、ノズルを付けて、ノズル先端とカウルから5~10㎝以内の距離でシリコンを散布します。

シリコンスプレーを急激に散布しないように。

軽くスプレーするだけで塗布できます。

【ウエスでシリコンを広げる】

シリコンを塗布したら、ウエスでシリコンを広げます。

ウエスにシリコンが染み込むので、その分でもシリコンを塗布できます。

シリコンを塗布しながら黒いカウル部分の艶が復活するので、必要な量を適切に散布しましょう。

シリコンの塗りすぎは注意ましょう。

シリコンを塗ってはいけない部分

シリコンは円滑剤が入っています。

当然ブレーキ周辺は塗ってはいけません!
【フロント周り】
  • フロントタイヤ周り
  • フォークの外周
  • フロントブレーキディスク周辺
【リヤブレーキシュウ周辺】
  • リヤタイヤ周り

【ハンドルグリップ】

ハンドルグリップはゴムです。ここはグリップ力が必要なので塗布はダメ。

【シート】

AXISZのシートは滑り防止のデザインです。メッシュ状のシートにシリコンを塗布してはダメ。

もし、間違ってシリコンを塗布したら、洗剤を使ってブラシなどで磨いて落としましょう。
塗ってもいい箇所は、上記以外の金属部分、ネジ、ばね、メーター周辺、イグニッション(エンジン回す鍵を挿すところ)です。
シリコンの塗りすぎは注意ましょう。

シリコンスプレーの種類

【ホームセンターで見かけるシリコンスプレー】

よく使用していたシリコンスプレーですが、空気中への散布量が多く、鼻や口からの吸入に注意。マスクは必ずしましょう。風のない場所か、風下に立って使用します。

KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- Amazon

AZ(エーゼット) 滑るグリーン シリコーンスプレー Amazon


【バイクカウルワックス】

バイクのカウルをピカピカにするムースワックス。小型から大型車まで使用できます。

バイクを楽しく乗りたいです。カウルの光沢が復活するとバイクを見るのも楽しくなります。バイク運転も気持ちいいですね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました