40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

40代からの脱毛器や脱毛サロンに注目する介護脱毛には奥深い真実がある

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

コロナ禍で家庭用脱毛器の利用率が以前とは違ってきている。その理由には、在宅時間が多くなったことである。コロナ禍でこれまでと違い、脱毛サロンや医療脱毛に通っていたが、できなくなったということです。

家庭用脱毛器の利用を始める人が増えているのは事実なんですね。
家庭用脱毛器を使っている人は60%が満足しているという調査があります。

家庭用脱毛器についての、20~50代の女性を対象に
297人にアンケート調査があります。

こんなデータもあるもんですね。

【調査結果】

  • 家庭用脱毛器を使っている人は約21%
  • 家庭用脱毛器を使う理由は「好きなとき使える」が約65%
  • コロナ禍で家庭用脱毛器の利用率はあまり増えていない
  • 約60%は家庭用脱毛器を使ってみたい。使っていない理由は「コストが高い」、「効果があるのか不安」
  • 一方で家庭用脱毛器の満足度は、非常に満足、やや満足が約60%
  • まとめ

「LessMo by Ameba」

 

このような調査もある中で、今、40代50代からの脱毛が注目されるわけがあります。

「介護脱毛」という言葉をはじめて聞きましたが、
この言葉を見た瞬間、介護施設によく通っていた時の風景が思い出されました。

 

介護される側になったときのことを考えて、
自分でできることを今やっておくということなのでしょうか。

 

介護する側もされる側も、気持ちよく介護ライフを楽にする、という考え方は素晴らしいと思うのです。

 

そこで、介護脱毛の本音が分かるアンケートがありました。
またまたこんなデータがあるもんですね。関心します。

 

自宅でおこなうセルフ介護脱毛の特徴と費用

自宅でおこなうセルフ介護脱毛という方法もあります。VIOを人に見られることなく自分で脱毛します。

家庭用光美容器などを使っておこないますが、永久脱毛はできません。

家庭用の機器は、クリニック・サロンの脱毛よりも出力が弱いという特徴があります。セルフの脱毛では、一時的に毛を減らす・毛を生えにくくする効果が期待できます。

家庭用光美容器では、IラインやOラインの脱毛ができない機種があるので、購入時にチェックする必要があります。

VIOは手が届きにくく見えにくい部位なので、セルフではうまく脱毛をおこなえない場合もあります。

家庭用光美容器の価格

VIOの脱毛がおこなえる脱毛ラボホームエディションは71,478円(税込)です。家庭用光美容器は、おおむね5万円弱~8万円台で購入可能です。

脱毛情報メディアエキサイトエピより

 

40代50代からの脱毛が注目されるわけとはー介護脱毛の最新事情

介護脱毛のきっかけは?どこまで脱毛した?

経験者の本音をアンケートで聞いてみたデータです。

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

 

アンケート結果では、
30代、40代、20代、50代の順
介護脱毛を始めた年齢の実態が分かりました。

このデータを見て分かることは、30代から介護される意識をもった方が多いのです。なぜ30代から介護の意識を持っているのかと言うと、恐らく、親の介護に携わっている方が、介護の実態を知っているからなのでしょうと推測できます。

親を介護する経験を通して、自分も「介護される」時が来たら、きれいに洗浄する必要がある大切な部分を、綺麗にしてもらえること、また、「介護する側」の立場になって、速く、きれいに洗うことができるという思いやりなのですね。

 

脱毛をした方法はなんですか?

実際に介護脱毛をした人は、どんな方法を選んだのでしょうか?

 

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

 

アンケート結果では、
「クリニックでの医療レーザー脱毛」
「脱毛サロン」
「家庭用脱毛器」
「ニードル脱毛」

の順でした。

「クリニック」と「サロン」がダントツなのがお分かり頂けるでしょうか。実際はコロナ渦で、感染状況が広がっている時期には、クリニックやサロンへ出かけることができないのは事実でしょう。

注目するべきことは、「家庭用脱毛器」を使用している方の割合は、このデータでは18%なのですが、コロナ渦の感染拡大が懸念されている時期には、「クリニックやサロン」へ行くことができないので、ご家庭で脱毛をすることが増えていくと予想できます。

 

どこまで介護脱毛をしましたか?

すべて毛をなくしましたか?それとも毛を残しましたか?

 

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

 

アンケート結果では、
「Vラインは薄く残し、Iライン、Oラインは毛をなくした」
「毛をすべてなくした」
「Vラインは脱毛ぜず、Iライン、Oラインの毛をなくした」
介護脱毛をする部分の実態が分かりました。

ここから、お分かり頂けることは、「Iライン、Oラインはなくした」ことが共通しています。介護脱毛のもっとも大事な部分ですね。

大切な部分を清潔に保つ
速く、楽に洗浄できる

この2つがポイントなのですね。

 

介護脱毛に費用をいくらかけましたか?

介護脱毛に費用をいくらかけたのかのおよその金額と、いま介護脱毛中の人にも、およその予定額を聞いてみた。

 

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

 

アンケート結果では、
「5万円以上、10万円未満」ダントツ!
「1万円以上、5万円未満」
「10万円以上、15万円未満」
「20万円以上」
「15万円以上、20万円未満」
の順でした。

 

介護脱毛を受けて満足している点は?

ここが知りたいところ!

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

 

アンケート結果では、
「清潔になった。衛生的になった。」← ダントツ!
「整理時に快適」
「介護の準備ができた」
「VIOのお手入れが簡単になった」
「ムレやかゆみが低減した」
「排便時に快適」
「きれいになってうれしい。自信がついた」
の順です。

このデータから分かるとは、介護脱毛の思いやりだけでなく、自分にとって本当に良かったというプラスの結果が表れています。

 

介護脱毛を受けて不満だった点は?

このアンケートでは、「介護脱毛を受けて」なので、サロンや医療脱毛へ通った人の意識調査です。

40代からの脱毛器と脱毛サロンが注目される介護脱毛とは

「クリニック」「サロン」で介護脱毛を受けて不満だったベスト3位
「脱毛時、痛みがあった」20%
「脱毛時、恥ずかしかった」27%
「費用が高額だった」25%
「脱毛前の、剃毛(ていもう)が大変だった」
「脱毛効果が出ない、効果にムラがある」
「元の毛量に戻せない」
「白毛が抜けなかった」
ここで注目してほしいのが、「恥ずかしかった」27%ということです。
もともと日本人の文化としては、恥ずかしいという文化があります。
クリニックやサロンと言っても、
他人にVIOを脱毛してもらうのは、恥ずかしいのです。

介護脱毛は、介護ライフを快適にする

介護する側とされる側の本音がここにある。
【介護する側のメリット】

ふき取りなど介護の手間が軽減

短時間でスムーズにケアできる

感染症の可能性が減少

肌の状態をチェックしやすい

 

【介護される側のメリット】

かぶれや感染症の発症を軽減

臭い・かゆみの軽減

介護者への申し訳なさ・羞恥心の軽減

 

自宅でできる介護脱毛ー安心・安全・効果の3つの脱毛器

最新の家庭用脱毛器No1

(株)アンドワン ビューティバンク

【商品名】OpusBeauty03/オーパスビューティー03/
【特徴】サロン品質の強い照射力と肌に優しいアイスクール機能でご家庭でもしっかりムダ毛ケア!

 

冷たい光美容器【OpusBeauty 03】公式ホームページ

 

最新の家庭用脱毛器No2

株式会社LAVIE

【商品名】IPL光エステ脱毛器LAVIE
【特徴】デリケートな肌に使用する商品だから、こだわりの日本製。 厳しい管理の元で製造された高品質な脱毛器。

 

業界最高クラスの光パワー搭載【LAVIE】公式ページ

 

最新の家庭用脱毛器No3

株式会社 エムロック

【商品番号】 100218
【商品名】ケノン 脱毛器
【特徴】ケノン は エステから乗り換える人も多く、中にはエステシャンがケノンを購入しているというケースも少なくありません。エステシャンのような美容のプロの方でも使われているレビューもあり、エステに行っていた人もケノンを選んでいます。年々ケノンも2012年からの販売開始以降、進化を繰り返しています。

【ケノン】楽天市場で見る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました