40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う

40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う

40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う

スポンサーリンク

40代50代の不眠が続くときやってみること

どうも、50代前半のきよっさんです。

40代後半から50代に向けて不眠になっている方に、ここで紹介する内容が少しでも参考になってくれればと思います。

不眠になったときの状態ってどんなときですか?

不眠に悩んでいる時ってどんな時ですか?アタクシが不眠になった時のことをちょっとだけお話しさせて下さい。

家族5人を養っているきよっさんですが、30代半ばでちょっとしたパニック障害?を起こしまてね。カウンセリング(心療内科)を受けていましたよ。

その時は、も~ね、睡眠障害みないになっていましたよ。

ちょっときつかったなぁ。

眠れないというのは、頭の中で何か考え事をしたりしているんですよ。

それがね、一つだけでなく、あれやこれや考えているわけですよ。

眠いのに、眠れないんですから。分かりますよね?このキツさ。

その時は、30代後半から40代までの不眠でした。

このときは、パニック障害で不眠になったときです。

不眠になっても脳は少しでも眠ってしまう

40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う

ちょうどその時、お仕事仲間の人も不眠で悩んでいたんです。

アタクシからすると、その人は不眠のエキスパートでね。

3日間も眠れなかったんです。

それが1回どころじゃなく、何回もこのような不眠になったんですって。

この方の話では「3日間も眠れないときって、どうなるか分かる?」って。

「脳が自動的に睡眠をセットしてくれるんだよ」と言っていました。

要するに、3日目には、どうしても人は眠るんだそうです。

しかし、3日間も眠れないなんて、アタクシは経験したことありませんが、この話は、その後のアタクシの不眠の改善策に強烈に参考になりました。

不眠になっても気持ちを楽にする

なぜかというと、3日間も不眠なら、脳がどうしても眠ってしまうんですから、

少しは安心したんです。

気持ち的に安心するって、本当に、安心ですよ。

だから、1日の不眠があったとしても、どうせ脳は眠ってしまうんだと分かったので、安心して不眠と付き合えました。

アタクシの不眠は1日だけですが、たびたび不眠になったときは、先ほどのことをいつも思い起こしたのです。

どうせ脳が眠ってしまう。って。

このように考えてみたら、本当にいつの間にか眠っているんです。

不眠のとき寝る前にやってみたいこと

刺激物は控える

不眠で悩んでいた時でも、アタクシはコーヒーが大好きで毎日、毎晩寝る前でも飲んでいました。

不眠になった時が1週間とか1か月も続いた時は、さすがにこの大好きなコーヒーを控えました

1日に1杯。

昼間だけ。

とか、カフェインをコントロールしました。

すぐには不眠が改善したわけではありませんが、睡眠の質が変わりました。

不眠になっていましたが、短時間の睡眠でも深い睡眠が出来たのです。

体をリラックスさせる

もう一つは、寝る前に布団の上で軽くストレッチをしました。

40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う

上記のイラストのように、お布団の上で、軽いストレッチです。

本当に軽くですよ!

思いっきりストレッチはやったことありませんから、思いっきりは止めてくださいね。

体をリラックスさせると言う効果を期待して、ストレッチをしました。これも効果がありました。

寝る前に何か読み物をしてみる

ベッドや敷布に入って、読み物をしていると眠くなることありませんか?

そういう体質の方ならこの読書は効果的です。

きよっさんもお布団の中で読書をすると、ぱったりと眠ってしまう体質なんです。

不眠のときは、この読書も効果がありました。

ただし、興奮するような内容は避けましょう。

逆に脳が興奮してしまって不眠になってしまうからです。

きよっさんもスマホで興奮する画像(エッチ系)を見てしまい、しばらく興奮しやって眠れませんでした。ごめんしゃい。

寝る前の本ってなんか気持ちいいもんですね。

安眠促進の音楽を聴いてみる

きよっさんは音楽の力に救われることが多々ありました。

くじけそうになったときや、落ち込んだりしたときです。

きっとあなたもそうだと思うんです。

不眠のときだって、音楽に救われましたよ。

優しい音楽は本当に心を癒してくれます。安眠促進の音楽を聴いている方っているんじゃないですか?

いいですよね?優しい音楽を聴いて眠るって。

ここで、沖縄の伊禮俊一さんが三線を引いている安眠音楽を紹介しておきますね。

不眠が長く続くなら、かかりつけ医か心療内科で相談しましょうよ

長引く不眠は、キツイです。

我慢することは、やはり体だけでなく、心身とも疲れます。

自己診断しないで、内科や心療内科で相談してみましょうよ。

自己診断で睡眠剤を購入するよりは、いちど専門の先生と相談してみましょうよ。そうすることで安心感を手に入れましょう。

不眠が改善され、不眠と上手に付き合っていけると思うのです。

ここで紹介したことは、あくまで参考までにしてください。

きよっさんがおススメすることは、不眠が続いたら、我慢しないで。と言いたいです。

以上、40代50代の不眠が続くときはどうしたらいい?不眠と上手に付き合う。でした。

感想などございましたら、聞かせてください。

きよっさんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました