寝ても取れない40代50代の疲れが水を飲むだけで元気になる

寝ても取れない40代50代の疲れが水を飲むだけで元気になる

寝ても取れない40代50代の疲れが水を飲むだけで元気になる

40代50代の疲れやすい原因は年齢だけではない?その疲労感が普通ではない?

53歳になりまして、これまで大きな病気もなくここまできました。しかし、40代後半から疲労感が寝ても取れないことがずっと続いてきました。

調子のいい時がほとんどなかったんじゃないかな、と思うほど、疲労感が残る時期が続いていました。ひどいときは日中のお仕事の間に異常な眠気に襲われる、そんなことも頻繁にありました。

仕事が終わって帰宅すると、すぐバタンキュー状態。身体が重くて睡魔にも襲われ、眠らないと本当に倒れるのかなと思う感じでした。

正直、この状態に恐怖すら感じました。

疲れの原因は睡眠なのか?睡眠の質はどうなのか?

疲労の原因として、まず第一に考えらるのは、睡眠です。私の場合、睡眠時間は、6時間から7時間の間でしっかり取るようにしています。睡眠の質を確かめてみようと思い、スマートウォッチを使って睡眠の質を計測してみました。

思ったより睡眠の質が悪かったです。浅い眠りがずっと続いてました。スマートウォッチでは、寝返りや目覚めのときなどが分かるそうで、どうやって計測しているのかが不思議です。

寝ても取れない40代50代の疲れが水を飲むだけで元気になる

【参考】血圧が心配になったら血圧推移が計れるスマートウォッチで自己管理できる

上記の画像は、スマートウォッチで睡眠の質を計測したデータです。御覧の通り、浅い睡眠が長いですね。自分では眠っていると思っていてもそうではなかったのですね。

今の時代、こんなべんりなモノがあるんだなと、とても感動します。睡眠の問題は、一応浅いではあるものの、眠っていることには変わりないのでさほど心配していません。

30代から40代まで私は神経質な時もあり、寝る前にあれこれ考えることがあるのですが、それが原因で不眠になることがありました。

現在は寝る前は何も考えないようにしていますが、それ以上に、睡眠の質を上げるための環境づくりを意識していることが効果を発揮していると思います。

しかし、睡眠の質が長引く疲労の原因ではなさそうなのです。

毎年の健康診断を受けているけど

年に一度の健康診断もやっています。それでも自分の体が何か悪いものがあるんじゃないか そう思ったりもしました。

健康診断では特に何も悪いものはないものの、血圧が高くなってきました

 

40代前半までの血圧:120~123ー60~68程度。
40代後半から50代になっての血圧:125~142ー75~90程度。

 

53歳になって、血圧もスマートウォッチを使って計測しています。手軽に計測できるので、血圧が気になる方にはスマートウォッチ。本当にいいですよ。

寝ても取れない40代50代の疲れが水を飲むだけで元気になる

年に1度の健康診断でも、その程度の血圧では特に心配することではない。
とのことで健康診断の問診を担当した先生の診断がなされました。

疲れは血圧が特に原因ではないと言うことです。

では何が疲れの原因なのかをちょっと調べてみようと思い、もしかすると食事に関係がないかそう思ったのです。

基本的に、食事は野菜中心で、自宅で作るごはんが主です。しかし、人間の身体に必要な食事の栄養バランスを考えると、サプリメントも飲んだりしました。

少し体が良くなるみたいなこともあったけど、それほど効果がないのは、どうしたものかと悩みました。

身体の疲れが取れない50代は本当に年齢だけの問題なのだろうか?

50代は働き盛りと言われています。同時に身体に変化も出てくる時期でもあります。これまでのように若かった20代~30代のような動きはほとんどできなくなっていますよね?

身体の変化は、後退と言うより、熟練していると捉えてもいいかな。無駄な動きをしないで必要最小限の動きができると思いたいです。

人の細胞レベルから元気になるモノが必ずある

毎日飲んでいる水。それも考えてみました。人間の身体のいちどウォーターサーバーをレンタルした時期がありました。おいしい水であることは確かでしたが、疲れが無くなることはありませんでした。

今現在、ある水を購入して飲んでいます。全く普通の水と変わらないのだけど、ガブガブ飲めるのです。この水と一緒に飲んでいるサプリメントがあります。

毎朝の疲れが以前と比べて体がとても楽になっているのです。この水とサプリメントを飲んでいると体の調子がとても良いのです。寝ても取れない40代50代の疲れが水を飲むだけで元気になる

これまで、わたしは、水に関してあちこちと飛び回り水質を調べてきた経験があります。

いい水というのは、販売されている水は勿論いいのですが、自然の水には勝てません。自然の水は格段に人の身体にいいのです。

販売されている水は、水本来の持っている物質までろ過しています。

一方、自然の水は、大地がろ過しているので、水本来のいい物質はろ過されていません。

上記の画像の水は、販売されている水ですが、通常の大量生産で作られている水とは全くの別物です。

プロトン技術によって、水の粒子レベルの含有量が格段に多いのです。しかも、水素が分解されずペットボトルに保存されているのです。

通常の販売水は、水素粒子がほとんど分解されてペットボトルに保存されています。

水の物質は、通常目視できるものでもなく、味をするものでもありません。その違いを確認できる方法がほとんどないのです。

プロトン水について、これから更に詳しく情報を提供していきたいと思います。

(ここから記事を追加しています)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました