コロナワクチン接種アレルギー体質はどうする?

コロナワクチン接種アレルギー体質はどうする?

コロナワクチン接種アレルギー体質はどうする?

スポンサーリンク

コロナワクチン接種アレルギー体質の場合どうすればいいか悩みます

私の知り合いで 過去にアナフィラキシーを起こした人が、ワクチン接種を受けるか受けないか悩んでいます。

その方の親族には同じアナフィラキシー を起こした人がいるとのこと。その親族方はワクチン接種を2回受けました。酷い副反応が出た話を聞きましたので参考までに紹介します。

ワクチン接種会場での待機時間はあてにならないの?

親族の方の話では、職場でワクチン接種をするように半ば命令されたそうです。 職業的な関係で ワクチン接種をしなければならないとのことです。

ワクチン接種会場では通常15〜20待機です。

しかし、アレルギー体質の方など要注意が必要な方は、通常の時間より長い30分待機となっています。下記参照。

食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎や花粉症、じんま疹、アレルギー体質などがあるといった理由だけで、接種を受けられないわけではありません。また、接種するワクチンの成分に関係のないものに対するアレルギーを持つ方も接種は可能です。ただし、これまでに、薬や食品など何らかの物質で、アナフィラキシーなどを含む、重いアレルギー反応を起こしたことがある方は、接種直後に調子が悪くなったときに速やかに対応ができるよう、接種後、通常より長く(30分間)、接種会場で待機していただきます。

過去にアレルギー反応やアナフィラキシーを起こしたことがある方は、予診票にご記入いただくとともに、原因の医薬品等やその時の状況をできるだけ詳しく医師にお伝えください。重いアレルギーで医療機関にかかっている場合には、接種の可否について事前に相談することをお勧めします。

引用ー厚生労働省下記のURLより

過去にアレルギー反応やアナフィラキシーを起こしたことがあり、今回も起こすのではないかと心配なのですが、接種を受けても大丈夫でしょうか。|Q&A|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省
食物アレルギーや、アレルギー体質などがあるといった理由だけで、接種を受けられないわけではありません。

コロナワクチン接種は「事前に医師と相談」でも最終的には自己判断

続きですが、アナフィラキシーを起こした経験のある方の話しです。

過去にアナフラキシーを起こしている方なので、医師との相談もしたました。医師との相談の結果は、おそよ検討が付くものです。

医師の立場からは、ワクチン接種をしたほうがいい、しないほうがいいと言うことは言えないとのこと。ワクチン接種の副反応は、個人差があるからです。

結局、仕事上、ワクチン接種を受けることにしました。

アレルギー体質の方がワクチン接種を受けたときの副反応

ここでの内容は、個人差によるものです。

1回目のワクチン接種を受けることを決めました。当日、ワクチン接種会場で30分待機されたそうです。その時は、何も異変がなく帰宅しました。

しかし、帰宅後、全身に蕁麻疹のアレルギー反応が出て、その次は呼吸困難になったそうです。

同居していた兄弟が救急車を呼んで病院へ運ばれました。2日間の点滴で無事に症状が回復したそうです。

1回目のワクチン接種で、このような副反応が出たのですが、2回目もワクチン接種したそうです。

2回目は、40℃の熱が3日間続いたとのこと。3日目で病院へ連絡して受診したら、ワクチン接種の副反応による熱とのこと。点滴を2日間打って回復したそうです。

ここまでの、お話しは、私の知り合いの方の親族のお話しです。

私の知り合いの方もアレルギー体質なのですが、本人はワクチン接種をまだ受けていません。ようするに、親族の方のお話しを聞いて本人はワクチン接種を受けることを非常に心配しているからです。

当然だと思います。本人としては、ワクチン接種の副反応によるアレルギー症状が出るのがとても心配なのです。アレルギー体質の方に現れる副反応も個人差があるからです。

アレルギー体質の方や、1回目のワクチン接種で酷い副反応が出た方は、ワクチン接種を打つかどうか非常に悩みますよね?知人の親族の方は、仕事上ワクチン接種を受けなければならない立場だったのですが、選択ができない状況の人もいるかもしれません。

私の小6の子供も、1回目のワクチン接種で腕の麻痺が約1週間続きました。ですから、2回目は受けてません。

ワクチン接種を受けない意思も尊重されるべきでは

アレルギー体質の方や その他の疾病を抱えた方にとってワクチン接種を受けるのは非常に不安ですよね。

国はワクチン接種を推進していますが、ワクチン接種の副反応で生命を脅かされる方もいるのも事実です。

アレルギー体質の方やその他の疾病を抱える人に、ワクチン接種を推進しているけど、最終的には、個人の判断に委ねています。何があっても自己責任と言うことです。

コロナワクチン接種券には、同意欄があるのは、その証拠です。副反応による責任は国にはなく、接種した個人の責任と言うわけです。

そういう理由なら、ワクチン接種を受けない意志も尊重されるべきではないでしょうか?

ワクチン接種で、病院にかかった場合、救済措置があるのをご存じですか?

ワクチン接種で病院にかかった場合、その因果関係が証明されれば、国の救済措置を受けることができるというものです。下記をご覧ください。

健康被害救済制度とは
予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずるものですので、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。

予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。申請に必要となる手続き等については、予防接種を受けられた市町村にご相談ください。(厚生労働大臣の認定にあたっては、第三者により構成される疾病・障害認定審査会により、因果関係に係る審査が行われます。)引用ー厚生労働省「予防接種健康被害救済制度」より抜粋

親族の方のお話しに少し触れますが、救急車で運ばれるとき、救急隊員との問診のことです。ワクチン接種を受けてアナフラキシーを起こした親族の方は、顔面蒼白、脈拍は低下、全身の蕁麻疹の状態でした。

救急隊員のどうしましたか?の質問に、ワクチン接種を受けたらこうなりました。と返答したら、アレルギー性の食べ物を食べた覚えはないですか?ワクチン接種ではこのような反応は無いのですが。と救急隊員が言ったそうです。

アレルギー体質の方は、普段からアレルギー性の食には十分気を付けていまから、そのようなことではないのです。

ワクチン接種後の副反応を疑わない救急隊員に、半ばイラつきも感じたとのことです。そうもそうです。問診で本人の主張を聞いてもらえないのですから。

結局、病院で点滴を受けたのですが、ワクチン接種後の副反応が原因と言うことにはならなかったそうです。ですから、病院にかかった医療費は自己負担になったそうです。

ここでまで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました