コロナ飲み薬 厚生省初承認 軽症、中等症向けモルヌピラビル

コロナ飲み薬 厚生省初承認 軽症、中等症向けモルヌピラビル

 

写真© 毎日新聞 提供 米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症用の飲み薬「モルヌピラビル」=AP

コロナに感染したとき、重症化になる前に飲むお薬が出たんですね。これにつては喜ばしいと思うですが。。はやり、副作用が気になるところです。

まずは、ニュースの内容をざっと見てみましょう。

厚生労働省は24日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」(商品名・ラゲブリオ)の製造販売を承認した。後藤茂之厚労相が24日夜の記者会見で明らかにした。飲む薬タイプのコロナ向け抗ウイルス薬としては初の実用化となる。厚労省などは今週末から20万人分を使えるように配送を進める。

モルヌピラビルは、発症早期の軽症から中等症の患者が服用することで、ウイルスの増殖を抑えて重症化を防ぐ。1日2回、5日間服用する。重症化リスクの高い人を対象とする臨床試験(治験)では、入院・死亡するリスクを約30%下げる効果があった。

当初は約50%減らせるとしていたが、その後の解析で下方修正した。世界で拡大する新たな変異株「オミクロン株」にも有効である可能性が高いとされる。日本法人のMSDが3日に承認申請していた。

国内では、新型コロナの患者に対して5種類の薬が承認されている。軽症から中等症患者向けは2種類あるが、いずれも医師や看護師による点滴や注射での投与が必要となる。飲み薬が実用化されれば患者が自宅で服用できるため、医療機関の負担軽減につながると期待される。【矢澤秀範】

毎日新聞の記事ですが、やはり、副反応についてのことには一切触れていません。

ここが怖いところなんですよね。

記事内容にも、当初の重症化や死亡リスクを50%減らせるということから、30%に修正したということも無視できないです。

コロナワクチン副反応のリスクでさえ、厚生省からは追跡調査が一切なされていないのも現状です。今回のコロナのみ薬は画期的ではあるが、信頼するにはとても不十分な情報です。

コロナに感染したくないが、ワクチン副反応やのみ薬の副反応のリスクもあることは間違いないですよね。

 

【関連してよく読まれてる記事】

40代からのコロナワクチン接種副反応で腰痛ぅ~?!たださえ腰痛持ちなんですけど!

コメント

タイトルとURLをコピーしました