子供たちの健康状態が悪くなってる?びっくり化学物質が取り巻く環境

子供たちの健康状態が悪くなってる?びっくり化学物質が取り巻く環境

子供たちの健康状態が悪くなってる?びっくり化学物質が取り巻く環境

スポンサーリンク

子供たちの健康状態が悪くなっているの?化学物質が取り巻く環境だから?

子どもたちの健康状態が悪くなってるの?正直、きよっさんは、この問題は深刻だと思っているのよ。子供たちの健康、肥満、学習障害、ADHD、その他様々な健康状態が悪くなっている感じがするのよ。

きよっさんは医療関係者でも学者でもありゃーせんけど、多くの子供たちに携わるお仕事を長年やってるよ。

そんなきよっさんなんだけど、最近の子供たちの健康状態が悪くなっていない?って、ここ数年間でかなり増えてきてるって常々感じているよ。アトピー性皮膚炎、学習障害、すぐキレる、ADHD、Ⅰ型糖尿病、その他、気のせいなんかじゃないと思うんよ。

きよっさん
きよっさん

心配だよ。

家庭教育とか、お母さんの母体がどうのって考え方もする人いるけど、それはまだ核心にせまっていないよ、きっと。

次のような記事があるけど見てください。

子供たちの健康状態が悪くなってる?びっくり化学物質が取り巻く環境

「yahooニュース」より抜粋

50年前と比べて環境は大きく変わりました。良い意味も悪い意味でも。そして、人類のDNAは変わらないんだね。

でも、現代に生きるわたしたちの体内はで起こっていることは、まちがないなく変わってきたこと。

なんなのそれ!?って思いますよね?上記の記事をすべて読むには、下記にリンクを貼っています。どうぞ全文に目を通して欲しいです。

過体重、学習障害、生殖障害……なぜ子どもたちの健康状態は50年前より悪化しているのか?

あたしたち身の回りは、実に想像以上の化学物質が取り巻く環境にいることがおわかりいただけるでしょう。

例えば、プラスチック製品、衣類に含まれる合成素材、加工食品(インスタントラーメンの香辛料、防腐剤など加工食品の含有物表を見てね)などの食べ物に含まれる添加物、シャンプー・リンス、体を洗う石鹸類、洗濯洗剤や柔軟剤、食器洗剤、スマホやテレビのブルーライト光線、建物壁の塗料や腐食剤、家具などの塗料類、外を歩けば排気ガス、など。

子供たちの健康状態が悪くなってる?びっくり化学物質が取り巻く環境

この事実を知って、愕然とするかもしれませんが、事実を知ることは、問題を解決するための前向きな姿勢だと思います。

化学物質が取り巻く環境にいるあたしたちは、これからどうすればいいのかを真剣に考えされられます。

化学物質は、体内に吸収されるのは知っています。その後はどうなるのかを全く知らなかったです。少しは、勉強と言うか、ニュースなどの記事を読んで知っているつもりでした。

しかし、化学物質はあたしたち人間の体内に残留し、その残留した化学物質は、子どもへ引き継がれると言うのです。化学物質を引き継いだ子どもたちの身体に、異変が起こっているのです。

体内に残留した化学物質は取り除けるのか?

いちど体内に取り入れた化学物質は、どーなるのでしょ?

上記で紹介した記事では、体外へ排出される場合と、排出されない化学物質があるんですね。

体内に残った化学物質こそ、あたしたちの身体に溜まり、蓄積され、子どもたちに受け継がれていく、わたしたちを脅かすものだったんですね!?

こうやって言うと大袈裟かな?本当にそうなのかなぁ?本当ならどー考えても、ハッキリ言って、ヤバいっしょ!?

体内に溜まった化学物質は、どーやっても体内から排出されないの?と考えてしまいますよね?

きよっさん
きよっさん

あたしたち体から永遠に排出されないのか?

だって、溜まるということだから、普通に考えてみても、体から排出されないんですからね。

宇宙は人間がまだ知らないことだらけ

地球は、あたしたち人間が作ったわけでなく、あたしたち人間が自由に使いたい放題ってわけでもいかないのですよ。

人間の歴史は、地球の年齢からみると、わずか何年なのでしょう?ちょっと調べてみてよこのへんは。

そう考えると、地球って本当にすごいんだよね。人類登場前は、恐竜がいたんでしょ?!そんなこと知ってるって思うけど、本当に恐竜がいたなんてね想像するだけで恐竜ですよ。おっと、恐怖ね。

宇宙のことについてちょっとわかってきたことがあるんですね。それは、宇宙から目に見えない物が降ってきているんです。知ってた?

それはね、すべての物を通過するんです。壁も、人間の体も、鉄も、プラスチックも、土も、水も、空気も、火も、地球も、すべてを通過するので、あたしたち人間には感じることもできないんだってよ。

なんか、すごいのがあるんだなって思いませんか?その正体は、日本人(小柴昌俊)がノーベル物理学賞を受賞したことと深い関係があるんです。

物理学とは全く無縁のきよっさんにはなにがなだかさっぱりわかりませんが、ニュートリノってやつをちょっとだけ調べたよ。

きよっさん
きよっさん

ニュートリノは、電子の素粒子。ここまでは分かったよ。

なんで、ニュートリノが体内に残留した化学物質と関係しているの?って思いますよね?

小柴先生だって、こう言っていたよ。先生のご研究はどのようなことに役立つのか教えていただけませんか?って記者から質問されたら、普通の生活には、まったく何の役にも立ちませんって答えられたそうです。

素粒子。それがとても興味深いのです。

東日本大震災で町を襲った黒い津波はなんだったの?

2011年、今から10年前の東日本を襲った津波は、「黒い津波」だったと言うことを知っていましたか?

黒い津波の正体は、海底に沈んでいたヘドロだったとことが明らかになりました。

参考:「黒い津波」NHK

ヘドロってなに?海底や川底にあるヘドロは、以前は、自然界の黒い泥だったのです。しかし、工場や家庭からの排水によって、有害なヘドロになっているそうです。

参考:「ヘドロの生成と除去についてー吉田龍夫」

家庭排水は川へそして海へ

いまでも家庭排水からは、常に有害な化学物質が垂れ流しなのです。下水道処理しているんだよ~って言う人もいるでしょうが、下水道処理している地域って果たしてどの程度なのだろう。

工場から排水されているのも同様です。いまだにどのような有害物質が近くの川へ、そして海へ流れているのか分かりません。

参考:「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」環境省

このままでいいのかな?知らんプイでいいのかな?どうせ誰かがやるのかな?どーせ何もできないよでいいのかな?

あたしたち人間が壊した環境は、あたしたちで元に戻せる!

やりましょうよ!あたしたち一人ひとりがやれば絶対にできるよ。まずはね、じぶんち(家)からやりましょう。あたしから始めましょう。

環境を元に戻すことは、あたしたちの子供たちの健康も深く関わっているのです。特効薬なんてありませんよ!地道なことを一人ひとりが、淡々とやるのよ。

工場などの有害化学物質だって、その管理者が環境に意識を持っていれば必ず環境に悪影響がない方法を見つけるはずです。

世の中知らないことがいっぱい

本当に、偶然の出会いって言うのか、なんなのかわかりゃーしませんが。きよっさんは、そのあるものに出会えましたの!

体内に溜まった化学物質を、尿と一緒に排出できるんです。体内に溜まった悪いものを解毒するんです。なんでそんなものがあるのに、世の中に広まらないの?って思うでしょ?

世の中に広まらない良いものはクチコミでしか広まらないんです。

きよっさんはね、もー50代なんよ。これまで人並みにがむしゃらに頑張ってきたんよ。頑張り屋さんと思っているよ自分でも。

クチコミって悪いイメージしか持っていなかったのよ。なんかねずみ講でしょ、ってね。実に50年間、間違ったこと信じてきたわけ!

家庭にあるすべての洗剤に混ぜるだけで、家庭から排出される排水が、生物分解できるように悪い水をいい水にしてくれるの。

洗濯洗剤、食器洗剤に混ぜるんです。それだけでいいんです。悪い水(化学物質を含むもの)が生物が食べてくれるいい水に変えてくれるんです。

プロトンとは、

参考:美スタイル

家庭排水を生物分解できる水に変えて、海の海底に沈むヘドロを生物分解できるヘドロへ変えるんですよ。

あたしたちが壊した環境を元に戻すのは、あたしたちなんです。

きよっさん
きよっさん

きよっさんはもうやってるよ!

 

これだけ化学物質が取り巻く環境を、元に戻すには、元になるものが必要なんよ。

犬や魚などの生き物を、交配種させている方はとてもこの理屈が分かると思うのです。交配種を続けていくと、奇形が生まれるのですね。奇形が生まれると、親を元の原種と交配させるんです。そうすると、奇形が生まれなくなるのです。

自然界も同じ理屈です。元の原種、物質に戻す理屈です。

壊した自然をあたしたち一人ひとりができることは、自然界つまり、川や海にある化学物質を分解、解毒するんです。

これだけはありましぇん。あたしたち体に住み着いている残留化学物質も解毒できるのですね。すごいですぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました