40代50代の男性の体にいい腰痛ベルトガードナーベルトってなに?

40代50代の男性の体にいい腰痛ベルトガードナーベルトってなに?

40代50代の男性の体にいい腰痛ベルトガードナーベルトってなに?

ポッコリお腹が腰痛の原因にも。ガードナーベルトで腰痛とポッコリお腹に効く多機能ベルト

30代までの腰痛と40代からの腰痛とはわけが違います。

30代までは、体力はビンビンだし、
疲労なんかも飯ガツガツ食べて、眠れば、翌日はすぐ回復します。

 

40代からの身体はそう簡単にはいかないんですよ。

はい。腰痛でもしたら、歩き姿は見るからにひどいものです。

 

年齢の変化で、腰痛の痛さは、
身体への負担が半端なくひどくなりますから。

 

腰痛にいいベルトを検索しましたところ、
ガードナーベルトと言うワードが上位にありました。

ガードナーベルト。なにそれ?

 

と思って調べると、お?一応見たことあるなぁこれ。

 

これまた気持ちよさそうなベルトじゃないですかー。
(下は画像ですのでご了承ください。)

 

 

 

楽天市場でガードナーベルト紹介サイトで見れます。
ガードナーベルトの良さがこの動画ですぐ分かります。

 

これまで使っていた腰痛ベルトの感覚から言うと、

どんな体形でもスッとフィットする

と直感しました。

 

 【この商品について】
★総合リアルタイムランキング1位入賞★ ガードナーベルト ガードル ダイエット 産後 骨盤ベルト 腰楽ベルト 骨盤補正 骨盤サポーター 骨盤 サポーター ゆがみ 腰楽 ゴルフ スポーツ トレーニング 腰楽グッズ 補正 腰 補正ベルト ギフト 母の日 父の日 七夕 お家時間 簡単

 

その他腰痛ベルト・サポーター・コルセットについて

腰痛でお悩みの方が、腰痛を治す、緩和する情報をネットで検索するとき、
「腰痛ベルト」「腰痛サポーター」「腰痛コルセット」がヒットします。

 

この3種の効果と機能が分からないと、
どれを選んでいいか分かりませんよね?

 

まず、3つの種類の効果と機能を紹介します。
そしてご自身の体質と症状に適切なのはどれかを知ることが大切です。

 

腰痛ベルトとサポーター機能と構造

腰痛ベルトと腰痛サポーターをネットで検索すると、
両方ともほぼ同じ機能と構造です。

 

ベルトとサポーターの違いを詳しく調べた結果が下記の通りでした。

 

ベルトとは

素材「柔軟性があり薄い」付けても目立たない。

腰回りの「筋肉の締め付けが緩く、脱着しやすい」

 

サポーターとは

素材「やや硬めで厚い」ズボンのサイズに影響が出る。

腰回りの筋肉を締め付ける「固定機能が優れている」

 

ベルトとサポーターどちらがいいかを判断するには

基本的にベルトとサポーターはほぼ同じ機能があることが分かりました。

 

腰痛ベルトとサポーターの機能は、
腰回りを締め付けることにより、腰回りの筋肉に負担をかけないようにするためです。

 

腰痛ベルトとサポーターは、
一般的に肉体労働系の方や運動系の方が使用することが多いのですが、
慢性または急性の腰痛の方にも対応しています。

 

腰痛ベルトとサポーターの選ぶ判断基準はどこか

実際にベルトとサポーターを購入するとき、どれを選んでいいか悩みます。

 

ベルトとサポーターの機能はどちらもほぼ同じです。

どちらがいいか判断できる基準として優先的に「体型と体質」です。

 

細身~普通の体型ぽっちゃり~太めの体型
ウエスト回り通常のベルトとサポーターでOK長めのベルトとサポーターを選ぶ
汗対策通気性の優れた素材がほとんど通気性の優れた素材がほとんど
ベルト厚さ薄くズボンサイズ少し影響するやや厚めでズボンサイズ影響する

 

まとめ

40代からの腰痛は、若いころとは比べ物にならないです。キツイです・・。

高齢者がいるご家庭で、介護をしている方は必見です!
ガードナーベルトでご自身の腰を守ってください!!

わたしも両親介護しました。
トイレやベッドからの移動で親を持ち上げるとき、自分の腰がきつかったです。

介護をする私が腰痛をしてしまい、これから先の介護をすることにとても悩みました。

介護をしている方は、ぜひ、ご自身のお体を無理しないで介護をやって欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました