40代50代の腰痛を改善!マットレスランキング上位4を厳選

40代50代の腰痛を改善!マットレスランキング上位4を厳選

腰痛エキスパートがお届けする、40代50代からの腰痛を改善するマットレスランキング上位の選び方をここで紹介してます。

腰痛するからマットレスを数々使ってきたけど、どれも体に合わない、マットが沈む、硬すぎる、寝心地が良くないなど経験したことありますか?

安価なマットレスでは満足しないのはよくあることです。

しかし、高価なマットレスだから大丈夫、なんてことはちょっと言い難いです。

お値段よりも、材質と構造に注目したマットレスを選ぶことで失敗しないお買い物ができますよね。

40代50代の腰痛は体が正直なので、身体に合わないマットレスを使っても腰痛を改善できないことがあります。

年齢と共に筋力の衰えはつきものです。悲しいですが、現実なんですよね(( ノД`)シクシク…)

身体に合うマットレスを選んで、元気な毎日を過ごしたいです!

40代50代の腰痛を改善!マットレスランキング上位4を厳選

40代50代の腰痛を改善するにはどうすればいいのでしょう?

腰痛歴30年以上の腰痛エキスパートです。どうぞ宜しくお願いします。

腰痛になったきっかけがありましてね。ちょっとだけ聞いてもらえますか?

中学のとき柔道やってて、その時初めて腰に痛みを感じました。高校、大学では空手に励み、県大会でも優勝したことがあるんです。

きよっさん
きよっさん

10代20代は身体に無理してたのよ。そんなことしたらダメなんですね。あのとき無理した事がしっぺ返しで、年齢を重ねた時に出てくるんです。

若いときは、基礎トレーニングもしっかりやって、骨に無理な力がかからないために、筋肉も鍛えました。

しかし、身体を酷使したために、腰に激痛が走り、整形外科へ行きました。受診すると、椎間板ヘルニアと診断されました。頭真っ白になりましたよ。

それからと言うもの、腰痛との生活が続いてるんです。

腰痛したことのある人なら分かるでしょ?

きよっさん
きよっさん

激痛もう、いやっ!

医者の先生からは、手術を勧められたこともありましたが、下半身不随のリスクもあるよって言うから、お断りしました。

下半身不随のリスクあるより、腰痛と上手に付き合っていくー!と決意しました。

腰痛エキスパートの主張
腰痛と長年付き合っていますが、腰痛は予防改善できます。椎間板ヘルニアの方でも、これ以上悪くならないように予防できます。

 

だから、今も手術しないで、腰痛と上手に付き合っています。そのためには、疲れた腰骨を完全に休めることができる、マットレスが断然良いのです。

マットレスがなぜ40代50代の腰痛予防になるのかをお話しします。

腰痛しているときどんな姿勢がいちばん楽ですか?

40代50代の腰痛を改善!マットレスランキング上位4を厳選

腰痛しているときの楽な姿勢は、基本的に横になることです。

身体の上体が起きているときは、上半身、特に、頭の重さは常に腰にかかります。

人間の部位で最も重いところはどこでしょう?それは頭部です。私たちの上体を支えているのは、背骨から腰にかけての骨なのです。

その支えとなる骨で、最も重さの負荷がかかるところが、腰骨です。だから、腰痛をすると言うことは、上体を支えることが出来ない、と言うことなのです。

腰痛をしているとき、自然と上体が前かがみになりますよね?それは、腰に負荷がかからないようにするための、私たちの身体の条件反応なのです。

腰痛しているときは、座っても痛みます。

それは、上体を起こしているから、上体のすべての重量が腰骨にかかっているからです。座っても腰が痛むのは、そのためだったのです。

なぜ腰痛を治す効果的な姿勢は横になることなのでしょう?

腰痛を治すためにいちばん効果的な姿勢は、横になること以外にありません。

横になることは、身体の部位(頭、体幹、腕、腰、足)のすべての重さを、横になったときの下側、つまり床や敷布に拡散させることができます。

横になれば、身体の部位の重さは腰に負担になりません。

腰痛を出来るだけ早く治すためには、いかに腰に負荷をかけないかが重要です。

横になっても痛みを改善出来ない腰痛は敷布団が原因?

腰痛を治すためにいちばん効果的な姿勢は、横になること以外にないことはお分かり頂けたと思います。

横になることで、身体の部位の重量を床や敷布団に接地することで拡散することができるのです。

しかし、床や敷布団にそのまま横になっても、腰痛が改善されないのはどうしてでしょうか?

むしろ、腰に負荷がかかってしまうことがあるのです。

それは、横になった時、人間の身体は平たんではなく、凹凸だからなのです。

頭、首、背中、腰、お尻、股、ひざ、ふくらはぎ、足首と、これらの部位は、横から見ると凹凸になっています。

床にそのまま横になってみると、身体部位の出ているところは接地していても、へこんでいるところは浮いた状態なのです。

浮いた部位の状態は、重さがかかっていて、負荷は拡散されていません。

敷布団ならどうでしょう?

同じく、敷布団でも、凹凸した身体の部位の重さをすべて拡散することが出来ません。

腰痛を改善するためには、凹凸した身体の部位をすべて吸収し、重さを拡散させる必要があるのです。

この吸収と拡散が出来るのが、マットレス最大の特徴となります。

40代50代の身体は歳を重ねることと反比例して筋肉が衰えてきます

上体を支える筋肉が衰えてくるので、腰骨にかかる負担は以前よりも多くなります。

個人差にもよりますが、体重が重い人は、軽い人に比べて腰骨にかかる負荷は多いです。

先にも述べましたが、人間の身体の部位で最も重いところは、頭部です。

これは、体型に関わりなく、頭部は最も重い部位なのです。

横から見た私たち人間の身体は、頭から足のかかとまで、きれいな曲線を描いていますよね?

この曲線は横になっても、そのまま曲線なのです。

横になって腰骨を休めるためには、腰骨に負荷をかけることなく、身体の曲線をすべて吸収し、身体の部位の重さを拡散することができるマットレスなのです。

マットレスは、腰痛予防、または腰痛改善をするためには最も効果的なのです。

腰痛を予防改善するためには、毎日寝ときの横になる姿勢がとても大事なのです。

 

腰痛を改善する人気のマットレスの特徴とは?!

これから紹介するマットレスは、人気商品の中から優れた良質の構造です。

マットレスの特徴を知ることができ、身体や体型に合ったマットレスを選ぶことができます。
耐久性に優れたマットレスをランクインしています。各マットレスの耐久性を知ることができます。
高価なマットレスをネットで購入するのは不安を感じます。返金保証が付いてる商品を3つランクインしています。
多くの方が購入し、数多くのメディア等で紹介されているマットレスです。

 

『雲のやすらぎプレミアム』マットレスタイプ

《特徴》・17㎝の極厚で表面(秋冬用)と裏面(春夏用)
5層構造
・1層目:ロレーヌダウン(フランス産羊毛)
・2層目:凸凹アルファマット
・3層目:高反発スプリングマット
・4層目:凸凹アルファマット
・5層目:マイティトップⅡ
《耐久性》・へたりにくい品質を保証・80,000回の繰り返し圧縮試験実施。99,9%復元
《復元力》・日本の第三者検査機関にて圧縮弾性試験実施。復元率100%
《返金保証》・返金保証100日間あり(返品にかかる送料はお客様負担)
《送料》無料(※一部地域別途送料)
《認知度》・有名アスリートも使用・各業界メディアでも紹介されている



 

『ドクタータフィ・プレミアマットレス』

《特徴①》・今お使いの敷布やマットレスを上に乗せるだけ。・3つ折りに畳んで収納できる。・カバーを外して洗濯できる
《特徴②》・厚さ6㎝(シングル、セミダブル、ダブル共通)・シングルサイズ:横幅98㎝、縦長さ198㎝
《特徴③》・表と裏で固さを選べる(高反発面と低反発面)・高反発面は凸凹加工面・低反発面はウレタン素材の平面
《耐久性》・8万回の耐久試験に合格・10年以上へたらない
《返金保証》・90日間返金保証あり
《送料》無料(※一部地域別途)
《認知度》・腰痛治療実績644,163人


40代50代の腰痛を改善!マットレスランキング上位4を厳選
 『ドクタータフィ・プレミアマットレス』公式サイト

“寝返り“を科学したコイル構造【NELL マットレス】

40代50代の腰痛を改善!マットレスランキング上位4を厳選

《特徴①》・寝返りを科学した腰痛・肩こりに効くマットレス
《特徴②》・5つ星ホテルを超える寝心地・1734個のポケットコイルで身体の負荷を軽減
《返金保証》・120日間返金保証あり
《耐久保証》・10年間の耐久保証付き
《認知度》・お客の満足度92%




上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化した【NELLマットレス】公式サイト

高反発薄型マットレス【ONチャージ】

40代50代の腰痛を改善!マットレス選び方

《特徴①》・マットレスや敷布団の上に乗せるタイプのマットレス・寝返りがしやすい構造・突起が身体を支える構造
《特徴②》・ウレタンフォーム材質・眠りを考えたマットレス構造
《特徴③》・厚さ:5㎝・縦長さ:195㎝・横幅:97㎝・重量:3,5㎏・硬度:93,6N・復元率:98,9%
《特徴④》・コンパクトで収納が楽・軽いから持ち運びも楽・車内でも使える
《返金保証》なし
《認知度》・各メディアで紹介


その日からん寝心地が変わる!薄型マットレス「ONチャージ」公式サイト

腰痛を改善するためには、優れた構造のマットレスを選ぶことが重要なんですね。

 

まとめ

腰痛を治すには、腰に負担をかけないで、横になることが基本です。横になって腰痛を改善するためには、腰に負担のないマットレスで身体を休めることができます。

 

必見
腰痛ベルト
立てないほどキツイ腰痛を今すぐにでも緩和したいときのアイテムはこれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました