40代から続いていた50代肩の痛みは五十肩と思っていたのが間違いでした

40代後半から肩の痛みが50代になっても続いていませんか?それって本当に四十肩?五十肩?なのでしょうか?

40代から続いていた50代肩の痛みは五十肩と思っていたのが間違いでした

 

きよっさん
きよっさん

40代後半からずっと肩の痛みがあったんです。

40代後半に、初めて両肩が痛くなりまして、ただの四十肩だと思っていました。

その時は、サロンパスやシップなどを使用して、痛みを緩和していました。

このように痛みを緩和しながら、約3年ほど続きました。

髪を洗うときや、肩を回す、モノを持つ、寝てるときも肩の痛みがありました。

50代になってもこの痛みは続きました。

独断と偏見で、肩の筋肉が弱いから肩の痛みがあると思い込んでいました。

誤った自己判断で肩の痛みを治す方法をやったこと

肩の筋肉が弱いから肩の痛み、五十肩になっていると思っていたので、肩の筋肉を鍛えることをしました。

百均で購入したチューブで肩の筋肉を鍛えました。

40代から続いていた50代肩の痛みは五十肩と思っていたのが間違いでした

チューブを両手で持ち、弓矢を引く動きです。片腕を10回~20回ほど。無理はなさらずにしましょう。

40代から続いていた50代肩の痛みは五十肩と思っていたのが間違いでした

この動きは、肩の筋肉を使うので効果があります。

50代になって肩の筋肉を鍛えるならこの動きが無理なく続けられます。

これは、肩の筋肉を鍛える方法としてはおススメです。

素手で持つと、チューブを握っている手が痛くなるので、タオルかハンドハンカチなどを使用するといいです。

 

この方法で肩の痛みが一時的に無くなったのです。

しかし、数日後また肩の痛みが始まりました。

先にも述べましたが、肩の痛みは五十肩だと自己判断していたので、肩の痛みが再発したのです。

肩の痛みがこれまでになく痛くなった

どうしても右肩だけが、痛いのです。しかもこれまでになく痛くなったのです。さすがにこれは、ただの五十肩ではないことが分かりました。

これ以上我慢することはできません。

病院は嫌なのですが。。。

いつもお世話になっている整形外科へと行くことに決めました。

石灰沈着性腱板炎「せっかいちんちゃくせいけんばんえん」

整形外科でレントゲンを撮りました。すると、肩の筋肉組織に石灰があることが分かりました。

この石灰が筋肉組織の中にあるのです。

なぜ石灰が「肩腱板の表層」や「腱板の上腕骨付着部」にできるのかは原因不明だそうです。

きよっさん
きよっさん

アタクシの場合は、筋肉組織に入り込んでいました。

石灰沈着性腱板炎について詳しく解説しているサイトさんがありますのでご覧ください。

石灰沈着性腱板炎の治療方法は、投薬、注射、摘出療法があります。

今回は投薬で様子を見ることになりました。

それでも痛みが無くならない場合は、再診察をしてもらいます。

1回目の服薬から、痛みがすぐ無くなったのでびっくりしています。

以上、40代から続いていた50代肩の痛みは五十肩と思っていたのが間違いでした、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました